調査フロー

①事前打ち合わせ・資料などの作成
・配水量分析より漏水状況の把握
・各データより施設状況の把握
・調査地区・方法の検討
・作業設計書・仕様書等の作成
③漏水発見調査

【漏水多発地区】
旧市街地や給水戸数の密集地及び老朽化

が進行している地区等を対象とします。

・戸別音聴調査(主体)

・路面音聴調査(一部)

・確認調査

・ロガ型多点式相関調査(一部)

【通常地区】
漏水発生率の比較的低い地区や郊外及び給

水戸数の少ない路線の地区を対象とします。

・路面音聴調査(主体)

・戸別音聴調査(一部)

・確認調査

・ロガ型多点式相関調査(一部)

【水圧状況の把握】
・水圧測定(ロガ型水圧測定)

②事前調査

給水区域から漏水分布を調べ、

漏水多発地区や異常音の管路等

検出し、選定資料を作成します。

・流量測定調査

・漏水音モニター調査

・ロガ型多点式相関調査

④調査結果報告
・各データの集計、整理および分析
・分類表の作成
・漏水発生状況他の把握
・参考データの収集、比較
・漏水調査結果報告書作成
⑤漏水防止対策へのフィードバック
・漏水多発地区への対応と検討
・漏水調査の方向性の検討
・各種データの蓄積
・管路更新等への基礎データ
・水圧および水量管理の基礎データ

© 2019 NISHINIHON SUIDO CENTER Inc.